インカアジサシ Inca Tern

チドリ目 カモメ科

印加鯵刺

学名:Larosterna inca

 南米ペルーからチリの太平洋岸に分布。
 全長約41p。
 群れで生活し、魚を捕食する。
 クチバシの付け根付近からやや黄色がかった白色の飾羽が伸びている。
 岩の割れ目や地面のくぼみなどに営巣し、1〜2個の褐色がかった卵を産卵する。

 毎年通っているアドベンチャーワールドにも、時々新種が参入している。
 いつものようにペンギンだらけのペンギン王国を見ていると、なにやら見たことのない、珍しい鳥さんがいた。
 それがこのインカアジサシである。
 ガラス面にくっついている台に、ちょこんととまっていて、逆に中から人を見ているような仕草がなんとも可愛い。
 白いお髭もチャーミングである。
 漢字で書くと「印加鯵刺」。鯵が好きなのかな?


チドリ目一覧へ

2012年5月
アドベンチャーワールド

ペンギン王国にて。この年にはじめて見た。


キョロキョロ
白ヒゲ
こんにちは
興味津々


チドリ目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る