アカカワイノシシ Red River Hog

偶蹄目 イノシシ科

ズーラシアにしかいないイノシシ

学名:Potamochoerus porcus

 セネガルからコンゴ民主共和国までの西アフリカから中央アフリカの森林やその辺縁部、深いやぶなどに生息。
 根茎、落ちた果実などを主に食べる。トカゲやヘビ、鳥の卵なども食べる。
 体長58〜96p。

 赤褐色の美しい毛並みと、耳の長い房毛がアクセントのアカカワイノシシ。
 ズーラシアには2005年に横浜市と姉妹都市にあるアメリカ・サンディエゴ市のサンディエゴ動物園より寄贈された。
 これが日本初上陸のアカカワイノシシだったようで、今でもズーラシアにしかいないようである。
 夜行性動物らしいが、中には昼間元気に動いているものもいた。
 ニホンイノシシと同様、子供はシマシマのうり坊である。
 生後3か月のやんちゃなアカカワイノシシの赤ちゃん写真はこちら。


偶蹄目一覧へ

2009年11月
よこはま動物園ズーラシア

アフリカの熱帯雨林エリアにて。室内外にたくさんいた。


アカカワイノシシの画像1
まずはお尻から
アカカワイノシシの画像2
赤いイノシシは3倍強い?!
アカカワイノシシの画像3
草を食む食む
アカカワイノシシの画像4
耳が長い
アカカワイノシシの画像5
昼寝


偶蹄目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る