×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

動物図鑑目次

1.食肉目

犬歯が大きくキバ状になり、口裂が大きくたいてい他の動物を捕えて食べる肉食性。
聴覚・視覚・臭覚がよく発達する。
ユーラシア大陸・アフリカ・南北アメリカに広く分布する。

食肉目の動物一覧:アライグマ、パンダ、犬、狼、猫、カワウソ、熊、トラ、ヒョウ、ライオンなど

2.霊長目

多くは木の上にすみ、植物を食べる。
四肢は長く、ひざやひじは胴から離れていて自由に動かす事が出来る。
手足には5本の指がありたいてい第一指が他の指から離れていて枝などを握る事が出来る。
高等なものは顔に毛が無く目は前に向かい大脳が大きく知能が高い。
アフリカ・アジア・中央アメリカと南アメリカに分布し、熱帯や亜熱帯に多い。

霊長目の動物一覧:マントヒヒ、リスザル、キツネザル、タマリン、チンパンジー、ゴリラ、テナガザルなど

3.偶蹄目

蹄を持った地上生、まれに水生の草食動物で、奇蹄目に似ているが指の数は普通4本か2本。
胃は多くは3〜4室に分かれていて大きく、一度食べたものを口に戻して噛み直す反芻をするものが多い。
進化した類では左右対になった角があり、全部骨質で出来ているかまたは骨の芯がある。
種類が多く、ユーラシア大陸・アフリカ・南北アメリカの熱帯から寒帯まで広く分布している。

偶蹄目の動物一覧:イノシシ、豚、牛、羊、ヤギ、カバ、キリン、鹿、アルパカ、ラマ、ラクダなど

4.奇蹄目

蹄を持った地上生の草食動物で、前脚の指は4本、3本、または1本、後ろ脚は3本か1本。
胃は1室で簡単であるが盲腸が大変大きく肝臓には胆のうがない。
角は普通なく、ある場合も骨質でなく左右の対をなさない。
南アメリカ・アジア・アフリカにわずかの種類が生き残っている。

奇蹄目の動物一覧:シマウマ、ウマ、ロバ、サイ、バクなど

5.齧歯目

分布域が広く生活様式も様々だがいずれも体は小さい。
門歯は上あご・下あごとも一対で、一生伸び続け、エナメル質はその前面にしかないため先端が鋭く尖り堅いものを齧るのに適する。
食べ物を噛む時は下あごを前後に動かす。

齧歯目の動物一覧:カピバラ、ヤマアラシ、ネズミ、リス、ビーバーなど

6.有袋目

オーストラリア・ニューギニア地方とアメリカ大陸だけにしかいない原始的な哺乳類。
子供は十分に発育しない内に生まれ多くはメスの腹部ある育児のうの中で育てられる。
大脳は小さく、知能が低い。

有袋目の動物一覧:ウォンバット、カンガルー、ワラビー、コアラなど

7.長鼻目

大きな地上生の草食動物で、鼻が長く自由に動く。
昔はユーラシア大陸・北アメリカなどに広く分布していたが今ではアフリカと東南アジアにいるだけである。

長鼻目の動物一覧:ゾウ

8.貧歯目

南アメリカ原産の地上生・地中生、または樹上生の変わった哺乳類。
歯は発達が悪く、他の哺乳類と違って、歯の表面を包んでいる堅くてつやつやしたエナメル質がない。
歯が全くないものもある。
カギ爪を持ち、脳は小さく知能が低い。
草食のものもあるが、多くは昆虫や死肉を食べる。

貧歯目の動物一覧:アリクイ、アルマジロ、ナマケモノ

9.管歯目

エチオピア区のツチブタ1種のみからなる目。貧歯目に似た点が多い。
歯は中央に細い管がある六角形の柱がたくさん集まって出来ており、このような歯を持つ哺乳類は他にない。
偶蹄目・奇蹄目などの蹄を持った仲間の先祖に近い原始的な動物。

管歯目の動物一覧:ツチブタ

10.有りん目

体に魚のうろこのような形の角質の大きなうろこがあって身を守っている。
歯がなく、舌が細長く、アリやシロアリを食べるところは貧歯目のアリクイに似ているし、体がうろこで覆われているところはやはり貧歯目のアルマジロに似ているので以前は貧歯目に入れられていた。
エチオピア区と東洋区だけに産し、5000〜6000万年もの長い間、南アメリカの貧歯目とは無関係に進化してきた類。

有りん目の動物一覧:センザンコウ

11.翼手目

前脚が大きな翼になり、羽ばたいて自由に飛べる。
手足には5本の指があり、足の爪はカギ爪である。
歯は普通鋭くとがり、昆虫や果実などを食べる。

翼手目の動物一覧:コウモリ

12.ツパイ目

基本的な体の構成はモグラ目のものに似ている。
しかし、脳や目が大きい点でサル目に似た外観をしているが、サル目に比べ原始的な頭骨をしている。
現在では、その形質は非常に原始的な哺乳類の特徴をよく残したものであると認められ、独立した目とされている。

ツパイ目の動物一覧:ツパイ

13.食虫目

胎盤のある哺乳類、真獣類の中で最も原始的。
体は小さく普通手足には5本の指とカギ爪を持つ。
口先は長く尖っていて歯も鋭く、昆虫や小動物を食べるのに適している。
目が小さく、知能は低い。

食虫目の動物一覧:ハリネズミ

14.ウサギ目

上あごと下あごのそれぞれ一対の門歯が大きく、一生伸び続け、
門歯と臼歯の間に歯のない部分があり堅いものを齧るのに適している点では齧歯目に似ている。
上あごの大きな門歯のすぐ後ろにごく小さい門歯が一対ある点、
門歯が前面だけでなく側面や後面もエナメル質で包まれている点、
下あごを左右に動かして食べ物を食べる点で齧歯類と異なる。

ウサギ目の動物一覧:ウサギ

15.ハイラックス目

アフリカ・アラビア・シリアに分布。
上あごの門歯は一対で大きく一生伸び続け、齧歯類の門歯に似ているが、下あごの門歯は普通二対である。
草食性で岩や木に登るのが上手い。岩だぬき目とも。

ハイラックス目の動物一覧:ケープハイラックス

16.ハクジラ亜目

水生で後ろ足が無く尾の先には尾びれがある。
前脚はひれ状になり腕の関節で曲げる事が出来ず爪がない。
体は流線形で首の部分が無く口の周りにごくわずかなひげがある他毛がない。
大脳が大きく知能が高い。

ハクジラ亜目の動物一覧:ベルーガ、イルカ、シャチなど

17.海牛目

水生で後ろ足がなく、水平に広がった尾びれがあり、外形はクジラ類によく似ている。
全身に毛がまばらに生え、乳頭が胸に一対あり、海草や水草を食べ、臼歯は有蹄類に似ている。
前足はクジラ類と同じく「ひれ」状であるが、手首の関節で曲げる事が出来るしその内部にある指の骨はクジラ類のように多くはなく、5本の指ともそれぞれ3個以下で、普通の哺乳類と違わない。
海や、熱帯地方の大きな河にすむ。

海牛目の動物一覧:ジュゴン、マナティー

18.鰭脚目

水生であしがひれ状になり、前臼歯と臼歯はみなほとんど同じ形をしていて魚や貝を食べる。
臭覚は発達が悪い。
北氷洋・南氷洋とその付近の寒い海に多いが、熱帯にも少数のものがすんでいる。

鰭脚目の動物一覧:アザラシ、アシカ、オットセイ、セイウチなど

最初のページに戻る