アオバト Japanese Green Pigeon

ハト目 ハト科

海水を飲みにわざわざ磯へ行く

学名:Sphenurus sieboldii sieboldii

 日本各地、台湾、中国などの平地から山地の林に生息。
 全長33p。翼長190o。
 主に樹上で、木の実や新芽などを食べる。
 別名シャクハチバト、ホウネンバト。

 オスの中小雨覆いは赤褐色を帯びているが、メスは体と同じオリーブ緑色と、若干雌雄で色が異なるようだ。
 日本語では「アオ」と付いているが英名ではグリーンとあるように、オリーブ緑色の美しいハトだ。
 また、繁殖期が終わると、群れで海水を飲みにわざわざ磯へ行く習性があるようだが、繁殖生態についてはほとんど分かっていないらしい。


ハト目一覧へ

2007年10月
わんぱーくこうちアニマルランド

ちょっと見づらいかな〜。


いるよ


ハトを傷つけずに追い払う忌避剤ハトヨラズ カートリッジタイプ


ハトの置物!白山陶器!白山陶器オーナメント(鳩)黒

もっと探したい方は


ハト目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る