アオバズク Japanese Brown Hawk-Owl

フクロウ目 フクロウ科

耳(羽角)がないけど「ズク」

学名:Ninox scutulata japonica

 平地から低山帯までの森林に生息。
 全長29p。翼長210o。
 昆虫類を好んで食べる。夕方にはセミなどをよく捕らえる。
 別名ミミズク、ホーホードリ。

 青葉が出る頃渡来するのでこの名が付いた。
 通常、耳(羽角)があるのが「ミミズク」なんだけど、このアオバズクはそれらしきものがないのに名前に「ズク」が付いている。
 神社や公園など身近な場所でも見られるようだが、私はまだ見た事がないなぁ〜。
 昼間でも視力が強く、遠くからでも人を見つけ舞い立ってしまうようだ。


フクロウ目一覧へ

2008年11月
周南市徳山動物園

脅かさないでよね。


じぃぃぃ〜 綺麗な目だなぁ〜


フクロウ目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る