アメリカバク South American Tapir

奇蹄目 バク科

子供はウリウリ模様

学名:Tapirus terrestris

 南アメリカの低地の森林や水辺のやぶ地に生息。
 木の葉や果実、水草などを食べる。
 体高100p、体重170s。
 最大の特徴は長く伸びた鼻で、これは上唇と鼻が伸びたものである。この鼻を自由に動かし、物を探したり木の葉を食べたりする。泳ぎも上手い。

 初め、水に浸かっているこの動物を見た時は「何だこれは?」と思った。ガイドを見て、アメリカバクだと知った。たぶん見たのは初めてだと思う。別名ブラジルバクとも言われている。
 バクにはこの他に、ヤマバク、ベアードバク、マレーバクの3種がいるのだが、私が今までいわゆるバクだと思ってたものは白黒のマレーバクだった。
 写真でしか見た事がないが、子供のバクはまるでイノシシの子供ようなウリウリ模様で非常に可愛らしい。
 このバク、私が知らなかっただけで、結構あちこちの動物園で飼育されているようである。


奇蹄目一覧へ

2009年7月
東京都恩賜上野動物園

東園にて。カピバラさん、ラマさんと同居。


アメリカバクの画像1
へたばってます
アメリカバクの画像2
怖い顔って言うな〜
アメリカバクの画像3
べろべろべー

2007年9月
愛媛県立とべ動物園

超無防備な寝姿(笑)。足の裏を観察しよう。


お尻まるだし

2007年4月
池田動物園

なんだか目をひんむいてて怖いよぅ。。。


うが〜

2005年5月
愛媛県立とべ動物園

アメリカストリートにて。おでこのコブは脂肪?!


だる〜 ずっと水の中と言うわけではないのだ

2002年7月
姫路セントラルパーク

ドライブスルーサファリ、草食ゾーン。去年と同じ場所。


立ってます 水飲んでる
こんな顔

2001年7月
姫路セントラルパーク

ドライブスルーサファリ、草食ゾーン。


相当暑そう・・・


動物の寿命


動物感覚

もっと探したい方は


奇蹄目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る