ベンガルヤマネコ Leopard Cat

食肉目 ネコ科

アジアの広い範囲に生息

学名:Prionailurus bengalensis

 インド・東南アジア・台湾・中国・ウスリー・朝鮮の森林地帯に生息。
 頭胴長54〜83p、尾長21〜44p。
 鳥やネズミを食べる。
 夜動き回り、日中は木の穴などに隠れている。

他の種類のヤマネコ
 ツシマヤマネコ

 ベンガルヤマネコはアジアの広い範囲に渡って生息していて、南方のものは、体の模様がはっきりしているが、北方に行くにつれて体の模様が薄くなるようだ。
 大きさはイエネコより一回り大きい程度だが、尻尾と手足が長いのが特徴だ。
 木登りや泳ぎも得意なようだ。
 またイエネコのベンガルは、この野性のベンガルヤマネコとイエネコを掛け合わせて出来た種である。


食肉目一覧へ

2007年8月
福岡市動植物園

全然動きがない〜。


下の方が気になるニャ? 眠いニャ〜
あっちも気になるニャ 誰か見てるしニャ〜


野生ネコの百科最新版

もっと探したい方は


食肉目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る