×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジュゴン Dugong

海牛目 ジュゴン科

人魚伝説のモデルと言われている

学名:Dugong dugon

 アフリカ東部沿岸・紅海・インド洋の大陸沿いと島、東南アジアの沿岸、オーストラリア北部・沖縄諸島・奄美大島の浅い海に生息。
 全長2.5〜3.2m。体重230〜900s。
 海草(アマモ)などの食べ物を噛まずに飲み込む。
 乱獲のため数が減り、天然記念物に指定されている。
 別名ザンノイオ(犀魚)。

 ん〜?人魚??と、見た感じでは思うが、ひれ状の前肢で子を抱いて、立って海上に浮く姿が人魚になぞらえられたようだ。
 鳥羽水族館にはメスのセレナとオスのじゅんいちがいるが、セレナと同居しているアオウミガメのかめ吉と、セレナの仲の良さが一時期話題にもなった。
 世界中で鳥羽水族館でしか、飼育されていないようである。


海牛目一覧へ

2007年5月
鳥羽水族館

人魚の海ゾーン。後の2枚はセレナと同居しているアオウミガメのかめ吉。


鰭が手のように見える? 漂う
顔 体を掃除してもらっているかめ吉
泳ぐかめ吉


海獣の子供(2)


ジュゴンの海と沖縄


ふたりはいつもともだち

もっと探したい方は


海牛目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る