エミュー Emu

ヒクイドリ目 エミュー科

ダチョウと違いおとなしい性質

学名:Dromiceius novae-hollandiae

 オーストラリアの草原に生息。寒冷地、亜熱帯地域の環境にも順応。
 植物性のものを食べ、果実を好む。
 背丈は1.7mほどで、雌雄同色の灰褐色。
 翼は退化し、わずかにその名残りを残すのみで飛べない代わりに、走る速さは時速40Kmにまで及ぶ。

 この鳥の名前がエミューだと言う事を私は今回初めて知った。(サイト開設当時の話。)毎回ケニア号でサファリゾーンを回っているが、特に意識してみた事もなかった。
 幸いアドベンチャーワールドのサイトにサファリワールドにいる動物の一覧(名前と写真だけ)はあったので何とか正式名称を知る事が出来たのだが、果たしてエミューの解説が書けるのだろうか!と思いきや、これがネット上でかなりの情報が得られたのある。
 どうやらエミューは鶏などのように家畜として飼われており、次世代の食料家畜として注目されているようなのである。また食用としてのみならず皮製品から油、卵の殻を細工した装飾品なども販売価値があるようだ。
 エミューとダチョウはよく比較対象とされているが、エミューはおとなしい性質でダチョウのように人を蹴る事がないと言う点で飼育しやすい鳥とされている。


ヒクイドリ目一覧へ

2010年4月
アドベンチャーワールド

ふれあい広場にて。子エミューがいた。


エミューの画像1
つんつん
エミューの画像2
何気に口開き
エミューの画像3
閉じた
エミューの画像4
2ショット

2008年5月
アドベンチャーワールド

ウォーキングサファリにて。顔だけ。


毛が立ってる

2006年5月
アドベンチャーワールド

ウォーキングサファリにて。エミューもだいぶ増えたような・・・。


座る てくてく

2003年4月
アドベンチャーワールド

ふれあい広場。エミューのひなたち。


なんだ、これは?!

2001年7月
姫路セントラルパーク

ドライブスルーサファリ、草食ゾーンとカンガルー広場。


サファリのエミュー 背景と同化
謎の怪獣?

2001年6月
神戸市立王子動物園

王子動物園にもエミューがいた・・・。かなり奥の方。


こっち向いて〜


Fillo(フィッロ) ペンダントライト グリーン・小鳥の飾り付


エミューマッサージオイル 30ml

もっと探したい方は


ヒクイドリ目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る