ゴーラル Himalayan Goral

偶蹄目 ウシ科

ゴーラルとバーラル

学名:Nemorhaedus goral

 カシミール北部から中国北西部・シベリア東部までの、岩の多い森林や草の生えた急な斜面に生息。
 4〜8頭の小さな群れですむ。
 ヒマラヤでは海抜900〜2400mに多く見られる。
 頭胴長95〜130p、尾長7〜8p。肩高55〜75p。
 オスの角は長く、12〜17p。

 京都市動物園には、ゴーラルとバーラルの両方がいて、「どちらかがまだ(ZOO 21stに)いないんだよね〜、でもどっちだっけ?」と悩んだ挙句、バーラルの方を複数枚撮ってたら結局いなかったのはこちらのゴーラルだった。。。
 どちらも同じウシ科だが、こちらの方がよりウシに近い体型をしているように思う。角も短め。


偶蹄目一覧へ

2003年11月
京都市動物園

セントラルパークではお目にかかれなかったゴーラル。


寒いどすえ〜


ワインとチーズを手にしたウシさんがカワイイ♪市原淳 ポストカード&フレームCAMEMBERT DE LUNA


ウィリーバグ うしさん Sサイズ(1歳半から)

もっと探したい方は


偶蹄目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る