ヘラサギ Japanese Spoonbill

コウノトリ目 トキ科

クチバシの先が平らでへら形

学名:Platalea leucorodia major

 中国北部・東南アジアの浅瀬や水田に生息。
 全長86p。翼長380o。
 カエル・イモリ・貝・ゲンゴロウなどを食べる。
 昔は日本にもたくさん渡来していたらしいが、近年は少ない。
 夏羽では頭上の冠羽は黄色がかった赤錆色を帯び、首の下部に同色の幅広い首輪がある。

 サギだけどトキ科。
 名前通り、クチバシの先が平らでへら形になっている。これなら突付かれる心配はなし?(笑)
 ごく少数だが、クロツラヘラサギと言う種類のヘラサギもいるらしい。これは顔の部分が黒い。


コウノトリ目一覧へ

2006年7月
福山市立動物園

フライングケージ内。クチバシに注目。


カパ えさえさ〜


絵解きで野鳥が識別できる本


日本野鳥大鑑


日本野鳥紀行(3)

もっと探したい方は


コウノトリ目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る