カラスバト Japanese Wood Pigeon

ハト目 ハト科

ウシに似た鳴き声で鳴く

学名:Columba janthina janthina

 伊豆諸島のシイ・タブノキ・ツバキなどの常緑林や日本各地の小島に生息。
 三宅島では大路池周辺の原生林に多い。
 全長40p。翼長240o。
 日本産ハト類中最大種。
 木の実や花、芽を食べる。
 別名クロバト、ウシバト。

 ウッウー、ウッウー、モーウ、モーウと、ウシに似た鳴き声で鳴く。
 色はドバトに似ているが、それよりも体が大きく尾が長い。
 個体数は少なく、国の天然記念物に指定されている。


ハト目一覧へ

2007年10月
わんぱーくこうちアニマルランド

口が半開きで怖いよ〜。


うへへへ〜


白いハトのオブジェ/Dove(Pigeon)/ハト/Lサイズ

もっと探したい方は


ハト目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る