インドオオコウモリ Indian Flying Fox

翼手目 オオコウモリ科

空を飛べる哺乳類

学名:Pteropus giganteus

 インド付近に生息。
 前腕長16.4〜17.7p、頭胴長18.8〜26.3p。
 日中は群れになって木にぶら下がり、夕方から飛び出す。
 果実や花の蜜を食べる。

 哺乳類の中で翼を持ち、鳥のように羽ばたいて飛べるのはコウモリの仲間だけである。
 動物園にもコウモリの仲間は色々いる所もあるが、たいてい真っ暗な場所にいるので、写真はこれまで撮れなかった。
 しかし長崎バイオパークではすぐ手の届きそうな木の枝に、さかさまになってぶら下がっていた。
 なんだかしきりに自分の翼手で体をパタパタやっていたが、実は暑かったのかなぁ〜?


翼手目一覧へ

2007年7月
長崎バイオパーク

フラワードームにて。さかさまにぶら下がっている。


ドラキュラ伯爵みたい まん丸な目
キバ?


まちのコウモリ

もっと探したい方は


翼手目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る