ジャワマメジカ Lesser Mouse Deer

偶蹄目 マメジカ科

蹄を持つ動物の中では世界最小

学名:Tragulus javanicus

 東南アジアの下草のあるジャングルに生息。
 体長45〜55p。体重1.5〜2.5s。
 オス・メスともに角はない。
 主に草の芽、木の葉、落下した果実などを食べる。

 ジャワマメジカは、有蹄類の中では世界最小のものである。
 国内では上野動物園にしかいないようだが、夜行性なので暗いところにいて、写真が撮りづらい。。。
 性格は臆病らしい。まぁこんなに小さい生き物がジャングルで生き延びていくには、臆病なくらいじゃないと、すぐに食べられちゃうか。
 マメジカと言う名前がついてはいるが、ウシの仲間の祖先ではないかと考えられている。


偶蹄目一覧へ

2009年7月
東京都恩賜上野動物園

東園、夜の森にて。可愛い。


ジャワマメジカの画像1
小さい〜
ジャワマメジカの画像2
ふんふん
ジャワマメジカの画像3
あ、近づいてきた!


偶蹄目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る