スラウェシメガネザル Spectral Tarsier

霊長目 メガネザル科

眼球1個の重さは3g

学名:Tarsius tarsier

 インドネシアのスラウェシ島と隣接するサンギヘ諸島、ペレン島のジャングルに生息。
 昆虫、小さい爬虫類、エビなどの甲殻類を食べる。
 頭胴長9.5〜14p、尾長20〜26p。体重110〜120g。
 別名セレベスメガネザル。

 メガネザルはその名の通り、目玉の大きなおサルさん。
 眼球1個の重さは3gで、自分自身の脳と同じくらいの重さである。
 人間のように眼球だけを動かすことができないので、頭全体を動かして周囲を見るのだが、180度回転させて真後ろを見ることもできるようになっている。
 個人的には吸盤みたいになっている手が可愛いなぁと思った。


霊長目一覧へ

2013年2月
東京都恩賜上野動物園

小獣館にて。あいにく大きな目は半開き・・・


眠い?


霊長目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る