ムーアモンキー Moor Monkey

霊長目 オナガザル科

クロザル?

学名:Macaca maura

 セレベス島(スラウェシ島)とその付近の森林に生息。
 頭胴長55〜70p、尾長5pくらい。

 ムーアモンキーもとべ動物園ではじめて見たサルの一つ。
 ネットで検索しても、飼育している動物園は少なそう、(と言うか小諸動物園のみがヒット。)
 大きな赤いお尻でにらみを効かせているのはオスのゴズらしい。
 手持ちの図鑑には別名「クロサル」とあったが、とべ動物園には「クロザル」もいる。
 互いに同じ島の中で生息域が違う種で、分類の仕方によっては同種にまとめられてしまうのかな?


霊長目一覧へ

2009年3月
愛媛県立とべ動物園

モンキータウンにて。エサを投げ損ねたら怒られた(笑)。


ムーアモンキーの画像1
喝!
ムーアモンキーの画像2
なーんてな

2007年9月
愛媛県立とべ動物園

黒い体に赤いお尻が良く目立つ。


横歩き あん?何みてんだよぅ
集中!


サル山のドカン


サルが山からおりてきた


赤ちゃんをまもったサル

もっと探したい方は


霊長目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る