オグロヌー Brindled Gnu

偶蹄目 ウシ科

季節的に大群を作って大移動

学名:Connochaetes taurinus

 アフリカの草原に生息。
 草を食べる。
 体高115〜145p、体重140〜290s。
 ウシのような姿をしており、喉に白い長い毛がある。
 角は雌雄ともにある。

 これはいわゆるヌーと言う動物で、このオグロヌーとオジロヌーの2種類がいるようだ。
 野生のヌーは季節的に大群を作って大移動をするそうだがその何十万、何百万ものヌーの通り過ぎたあとは全ての草が食い尽くされていると言う。そしてその大移動の中で、群れに付いて来る事の出来ない弱い個体が自然と間引かれていくという、なんとも過酷な運命の持ち主である。
 しかしこうやってサファリで悠々と草を食べているヌーを見る限りはそんな習性を微塵も匂わせない。


偶蹄目一覧へ

2003年7月
姫路セントラルパーク

一昨年同様、ドライブスルーサファリ、草食ゾーン。


わしに何か用かの〜 ふぉーっふぉっふぉ

2001年7月
姫路セントラルパーク

ドライブスルーサファリ、草食ゾーン。
奥の方にいる角の細長い動物はゲムズボック。


手前で草を食べているのがオグロヌー


動物


大自然ライブラリー 街はいつでも猫日和〜東京ネコ物語〜飯島正広


ハートくん・マークの幸せ配達犬


くぅ〜ちゃんとこいぬ チワワの「くぅ〜ちゃんファミリー」オフィシャルDVD

もっと探したい方は、


偶蹄目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る