パタスモンキー Patas Monkey

霊長目 オナガザル科

走るのが得意

学名:Erythrocebus patas

 セネガルからエチオピア・コンゴのサバナに生息。
 頭胴長約60〜87.5p、尾長約50〜75p。
 主に果実・根などを食べるが、昆虫やトカゲなどもたくさん捕まえて食べる。
 動きは素早く、走るのも速い。
 医学などの実験用にされる。

 このパタスモンキーは割りと見た目も動きも普通なおサルさん。表情も穏やか。
 左記にも書いたように、走るのが得意で、時速50q以上で走る事も出来る。しかも短距離も長距離もOK。
 逃げ場のない草原で生き抜くために、この俊足が備わったらしい。


霊長目一覧へ

2008年3月
広島市安佐動物公園

再会スペシャル?油断するとまぶたが・・・。


寝てないよ だいじょうぶだぁ?

2007年6月
東山動植物園

子供がいた。すごくスリム。


なかなかかっこいい?

2005年7月
広島市安佐動物公園

おサルさんらしいサル。


なかなかかっこいい? 上から失礼?


サバンナを駆けるサル


遺伝子の窓から見た動物たち


メガネスタンドアニマル サル

もっと探したい方は


霊長目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る