クビワペッカリー Collared Peccary

偶蹄目 ペッカリー科

イノシシの子供じゃないよ

学名:Tayassu tajacu

 南北アメリカ大陸に生息。
 体長75〜100p、尾長1.5〜5.5p、体高約46p、体重14〜18s。
 雑食で小動物、果実や種子、地下茎などを食べる。
 中米地域ではサボテンなども食べる。

 上野動物園のクビワペッカリーさんたちは、2006年に伊豆シャボテン公園からやってきたようだ。
 「イノシシの小さいのかな?」と見過ごしそうになるがペッカリーと言う動物だった。関西の動物園ではこれまで見かけなかったような気もする。
 小さい上に、木の間に埋もれているのでなかなか見辛いし写真も撮りづらい。
 ペッカリー科には他に、クチジロペッカリー、チャコペッカリーの2種が存在するようだが、このクビワペッカリーはその中でも一番小型のペッカリーである。よく見ると首輪のような模様があるがこれが名前の由来だろうか。  


偶蹄目一覧へ

2013年2月
東京都恩賜上野動物園

2度目の訪問でなんとか撮れたけど・・・。


イノシシのようで
イノシシではない?


偶蹄目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る