テン Yellow Marten

食肉目 イタチ科

キテンとスステン

学名:Martes melampus

 日本と朝鮮の低地から亜高山帯までの森林に生息。
 日本では本州・四国・九州・対馬にすむ。
 主にネズミ類、果実を食べる。
 オスは頭胴長44〜55p、尾長17〜22p。メスはやや小型。
 木登りがうまく、ほとんどの巣は木の穴を利用する。

 テンにはホンドテン、ツシマテン等の亜種があるがここにいるのはホンドテン。
 ホンドテンの体の色には2つの形があり、一つはキテンと呼ばれ、夏は体が暗い褐色であるが、冬は美しいオレンジ色になる。もう一つはスステンで、冬毛でもキテンの夏毛に似ている。京都市動物園のテンはキテン。うん、確かにオレンジ色かな。
 夏毛バージョンも見てみたいところだ。


食肉目一覧へ

2007年4月
池田動物園

相変わらずぷりてぃ。元気いっぱい。


危険! えへへ
きょろ 何だ??
立っちゃうよ

2005年9月
池田動物園

こちらもホンドテン。超ぷりてぃ。


柵が〜 ほよ?

2003年11月
京都市動物園

顔しか見えない・・・。


うにゅ?


食肉目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る