テングザル Proboscis Monkey

霊長目 オナガザル科

天狗鼻は大人のオスのみ

学名:Nasalis larvatus

 ボルネオ島の海岸や川の近くのマングローブの林に生息。
 やわらかい木の芽や若葉を主に食べる。
 頭胴長66〜76p、尾長56〜76p、体重20s、メスはこの半分ほどの大きさ。

 ボルネオ島にしか生息しないテングザル。
 ズーラシアで初めて見たが、うちのオンボロ図鑑にもデータがあったのでサルとしてはそんなに珍しいものでもないのかも知れない。
 名前の由来でもある天狗のような大きな鼻は、大人のオスにしかないらしい。
 大きすぎると食事の時にジャマになり、手で避ける必要があるそうだ。
 主に木の上で暮らし、地上に降りる事は少ない。
 泳ぎも上手く、高い木から飛び込んだりする。


霊長目一覧へ

2009年11月
よこはま動物園ズーラシア

中央アジアの高地エリアにて。逆光で光り輝くサルに・・・。


テングザルの画像1
光り輝くサル
テングザルの画像2
今年ももう終わりだなぁ〜
テングザルの画像3
何見てるのさ
テングザルの画像4
鼻た〜かだか〜
テングザルの画像5
あっちに何かあるの?
テングザルの画像6
寝てるかも?


霊長目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る