チベットモンキー Tibetan Macaque

霊長目 オナガザル科

どう見ても雪男

学名:Macaca thibetana

 中国四川省および江西省の一部の標高800〜2000mの亜熱帯の常緑樹林帯から温帯の落葉広葉樹林に生息。
 木の葉や新芽、根、果実、小動物を食べる。
 オスの体長60p、体重15s、メスの体長50p、体重10s。

 初め、ずっと背中を向けていたのだが、後ろから見ると普通のニホンザルのような感じなので、顔もそれなりな感じを予測していた。
 ところが振り向いた瞬間、あまりにも意外な顔だったのでちょっとびっくり。
 雪山で遭遇したら絶対雪男だと思うに違いない!(小さいけど)
 顔が毛むくじゃら。そして人を窺うような視線がなんとも言えない。
 動きもゆっくりとしていて、おじいさんのようだった。


霊長目一覧へ

2009年11月
よこはま動物園ズーラシア

中央アジアの高地エリアにて。おじいさんみたい。


チベットモンキーの画像1
なんじゃ、わしゃ耳が遠いんじゃ
チベットモンキーの画像2
陽の当たる所が少ないのう
チベットモンキーの画像3
暇じゃのう・・・
チベットモンキーの画像4
この葉っぱで何かできんかのう


霊長目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る