ウミネコ Black-tailed Gull

チドリ目 カモメ科

鳴き声がネコの鳴き声に似ているから・・・

学名:Larus crassirostris

 日本の各地に生息。
 翼長380o、全長46p。
 雑食性で動物や魚の死体や、他鳥の卵やヒナを食べる事もある。
 夏羽の頭部・首、体の下面は白色。まぶたは赤色。体の上面は石板灰色。尾の先端にはば広い黒帯がある。
 クチバシは黄色で先端に黒帯と赤はんがある。足は黄色。
 冬羽の後頭・後けいに灰色の小はんが多く、上背とけい側は灰色をおびる。
 鳴き声はニァオー、ニァオー。

 日本特産種で、「日本産カモメ中、もっともふつう」と図鑑には書かれている(笑)。それくらい普通に見られる鳥だが、天然記念物に指定されている地域も多いとか。
 鳴き声がネコの鳴き声に似ているところから「ウミネコ」と呼ばれているのは周知の事。
 夏と冬で羽の色が若干異なるようで、写真は夏羽。子供(幼鳥)も色が違い、茶色っぽい色をしている。


チドリ目一覧へ

2013年2月
東京都恩賜上野動物園

西園の休憩所にいたウミネコさんたち。


エサよこせ
写真を撮るならエサをくれ
正面から見た顔がちょっと面白い
横顔はクール?

2007年9月
愛媛県立とべ動物園

とべ動物園ではウミネコとユリカモメが隣合ったエリアに分けて配置されているので違いがよく分かる。



2004年7月
天王寺動物園

ネコじゃないよ。




カモメ観察ノート

もっと探したい方は


チドリ目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る