ケナガワラルー Wallaroo

有袋目 カンガルー科

脚で蹴って戦うことも!

学名:Macropus robustus

 オーストラリアの山地や丘の岩の多い荒地に生息。
 頭胴長76〜130cm、尾長60〜90p。
 主に草や根、葉などを食べる。

 若い木の皮を食べて水分を摂り、長い間水を飲まなくても生きていける。
 危険を感じると、険しい岩場に逃げるが、追い詰められると脚で蹴って戦う。
 「ワラルー」という名の由来は、カンガルーとワラビーの中間の大きさのものを呼ぶという説や、現地住民の「Walaru」という言葉から由来しているなど諸説ある。
 多摩動物公園には、2005年夏頃やってきたようだ。


有袋目一覧へ

2010年7月
多摩動物公園

オーストラリア園にて。カンガルーのような、ワラビーのような・・・。


ケナガワラルーの画像1
親子
ケナガワラルーの画像2
耳が長い
ケナガワラルーの画像3
睨んでいる?
ケナガワラルーの画像4
眠たげ


有袋目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る