ボウシテナガザル Capped Gibbon

霊長目 テナガザル科

オスとメスとで体色が違う

学名:Hylobates pileatus

 タイ・カンボジアの森林に生息。
 頭胴長50pくらい。体重4〜7s。
 木の実や果実を食べる。
 オスは全身が黒く、こめかみから垂れる白いふさ毛が特徴。

他の種類のテナガザル
 アジルテナガザル  シロテテナガザル
 フクロテナガザル  ホオジロテナガザル

 このサルはオスとメスとで体色が違う。サルには時々そういう種類のがいる。
 赤ちゃんの頃はオス・メス関係なく白いらしい。
 とべ動物園のボウシテナガザル夫婦は、二人住まいにしてはとても広〜い部屋にいるが、どちらも裏の茂みの方のオリにくっついていて、一見空き家のように見えた。
 裏手に回りこんで眺めていると、向こうもじーっとこちらを見ていた。


霊長目一覧へ

2009年11月
よこはま動物園ズーラシア

アジアの熱帯林エリアにて。


ボウシテナガザルの画像2
おいらはオスだよ

2009年3月
愛媛県立とべ動物園

遠くを見ている?


ボウシテナガザルの画像1
今日は雨かぁ

2007年9月
愛媛県立とべ動物園

左の黒いのがオスのクロちゃん、右がメスのシロちゃん。


25歳だぞ 23歳よ


山田邦人『月に五猿』日本画 掛軸


ザ・モンキー


チェブラーシカ

もっと探したい方は


霊長目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る