フェネックフォックス Fennec

食肉目 イヌ科

耳が大きくて可愛い

学名:Fennecus zerda

 北アフリカのヌビアからアルジェルアまでのサハラ砂漠・シナイ半島・アラビアの砂漠に生息。
 夜、動き回る。
 ネズミ・鳥・卵・トカゲ・木の実などを食べる。
 頭胴長36〜41cm、尾長18〜31p。
 キツネ類の中で一番小さいが、耳は一番大きく、長さは15p以上もある。

 穴を掘るのがうまく、長いトンネルを掘り、そこで暑い昼を過ごす砂漠のキツネである。
 ペットとして飼われる事も多いようだが、私はこの度レオマで初めて実物を見た。
 初めはずっと寝ていたのだけど、何かの拍子にみんな起きてきて(3匹くらいいた)、喧嘩したりこちらを気にしたりとちょこまか動き出し、目が離せなくなってしまった。
 耳が大きくて、とても可愛い小動物だ。


食肉目一覧へ

2010年7月
サンシャイン国際水族館

Zoo-Zoo広場にて。お昼寝中。


フェネックフォックスの画像1
わんこみたい
フェネックフォックスの画像2
耳が大きい
フェネックフォックスの画像3
寝てます

2006年11月
ニューレオマアニマルパーク

百面相。暫く眺めている間に色んな表情・姿を見せてくれた。


ニャー! 立てるよ
なぁに? カリカリ
キシャー! かきかき
お座り こんちわ
この辺に・・・ ねむ
耳!!


キタキツネ観察事典


イギリスの都会のキツネ


原寸どうぶつ図鑑


くたくたキツネ M BROWN サイズ:W36cm

もっと探したい方は


食肉目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る