アジアゴールデンキャット Temminck's or Golden Cat

食肉目 ネコ科

思わず見つめ合ってしまった

学名:Profelis temmincki

 チベット・ネパール・ビルマから中国の南西部、南はマライ半島からスマトラの森林に生息。
 頭胴長73〜105p、尾長40〜56p。
 ヒツジヤギシカ・鳥などを捕えて食べる。
 日中は大きな木の穴で休んでいる事が多い。
 別名オウゴンヤマネコ。

 赤茶色っぽい方はいかにも「ゴールデン」な猫と言う感じだが、もう一方は柄だけ見るとその辺の野良猫さんのような感じ。もちろん体は普通の猫よりもだいぶ大きいが・・・。
 今回の天王寺動物園の動物の中では一番絵になった被写体。思わず見つめ合ってしまった(笑)。
 自然界では、毛皮目当てで狩猟の的にされたり、家畜を襲う害獣として駆除されたりして、近年生息数は激減し1000頭足らずしかいないらしい。


食肉目一覧へ

2004年7月
天王寺動物園

赤茶色っぽいのとグレーっぽいのがいた。見てると目が合う・・・。


赤茶色 足跡〜
穴の中から 様子を伺う
目が合う パチリ
がおー


見ているだけで癒されてしまうネコZIPPOZIPPOジッポー16CAT2


癒しの猫ジュエリー ☆当店オリジナル 〜月のステージ〜(金の月) 猫・ねこ・ネコペンダント

もっと探したい方は


食肉目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る