アムールヒョウ大図鑑 Far Eastern Leopard

アムールヒョウ/あむーるひょう
2010/1 in神戸市立王子動物園

食肉目 ネコ科

学名:Panthera pardus orientalis

 ロシア沿海州南部にのみ生息。
 レイヨウ、シカサル、ネズミ、鳥などを食べる。
 体長100〜170p、体重30〜70s。
 木登りが得意で、体重十数sもの獲物をくわえて木の上に運びあげる。

マイナス20度にもなる冬に適応

 ヒョウにも色々種類があるようで、その分布域により、アムールヒョウ、ペルシャヒョウ、チュウゴクヒョウ、セイロンヒョウと名付けられている。その中でも特にこのアムールヒョウは数が少なく、ロシアで20頭ほど、隣接の中国、朝鮮半島にもわずかだそうだ。
 アムールヒョウが特に密猟されるのは、マイナス20度にもなる冬に適応するための密な毛皮を持つから、と言う事だ。
 動物園で無邪気に遊ぶこのアムールヒョウたちの姿を見ていると、そんな事実はまるで別世界の事のように思えてしまう。

フォトギャラリー(新着順)

2010年1月 神戸市立王子動物園

2009年1月 神戸市立王子動物園
2008年1月 神戸市立王子動物園
2007年1月 神戸市立王子動物園
2006年3月 天王寺動物園
2006年2月 神戸市立王子動物園
2001年7月 神戸市立王子動物園

他の種類のヒョウを見る

 クロヒョウ  ユキヒョウ

動物園を作ろう!

食肉目一覧へ

最初のページに戻る



Copyright by M_ayumi. All right reserved.