カラカル Caracal

食肉目 ネコ科

耳の先がピンとなっている

学名:Caracal caracal

 インド・パキスタンからアラビア・北・東・南アフリカの草原に生息。
 日中はやぶに隠れている事が多い。
 小型のレイヨウ・ウサギ・鳥などを食べる。
 頭胴長63〜73cm、尾長17〜26p。
 動きは素早く、走るのも速い。木登りが上手く、追われると木の上に逃げる。

 最初見たとき、耳の先がピンとなってるところが、オオヤマネコに似ているなと思った。
 しかしネコ科の動物の中ではこのカラカルのように無地の毛色のものは珍しいとあった。言われてみればそうである。
 生息地から見て寒さは苦手なのだろうか?冬の動物園では、すみっこに丸くなって動こうとしなかった。目もなんだか虚ろ。
 ペルシア、インドでは馴らしてハトなどの鳥猟に使うと言われている。


食肉目一覧へ

2007年2月
姫路市立動物園

一段と耳の毛が立ってる。


ピン

2006年4月
姫路市立動物園

相変わらず虚ろなカラカルくん。


ぷい

2001年12月
姫路市立動物園

暗いし金網は太いしで・・・。虚ろな感じのカラカルくん。


虚ろ〜 耳が長〜い


食肉目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る