コウノトリ Japanese Stork

コウノトリ目 コウノトリ科

赤ん坊は運ばないよ

学名:Cinonia cinonia boyciana

 兵庫県出石町付近にすむ。戦前は鶴山を中心として巣が多かったが戦後は次第に数が減り、1957年5月、福井県小浜市外での繁殖を最後として、ふ化や巣立ちする雛がなくなった。今は絶滅危惧種。
 全長112p、翼開長190p。
 特別天然記念物。

 日本では乱獲と環境悪化のため既に絶滅しているため、シベリアや中国大陸にいる同種を導入して、動物園で繁殖させているのが現状だ。
 シュバシコウのページにも書いたように、赤ん坊を運ぶとされているヨーロッパコウノトリとは別種。でもよく似ているよね〜。


コウノトリ目一覧へ

2008年3月
広島市安佐動物公園

ばっさばっさ。


羽干し? フォーー(古
休憩

2006年3月
天王寺動物園

奥の方に隠れている。


クチバシは黒い

2005年7月
広島市安佐動物公園

シュバシコウと見比べてみよう!


赤ん坊は運ばないよ


お祝い酒に最適!!【コウノトリの贈り物】


蘇るコウノトリ

もっと探したい方は


コウノトリ目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る