クマタカ Japanese Hawk Eagle

ワシタカ目 ワシタカ科

鷹狩りに使われる

学名:Spizaetus nipalensis orientalis

 一年中、日本の低山帯から高山帯にかけて生息。
 ヤマドリ、ライチョウ、ウサギなどを食べる。
 近年は日本アルプスでも数が著しく減少した。
 全長オス72p、メス80p。

他の種類のクマタカ
 カワリクマタカ

 ワシ類に次いで巨大なタカ。鷹狩りに使われる。尾羽は昔矢羽に用いられた。
 いわゆる野鳥でもあるが、その辺を飛んでいたとしても私には区別が付かない。
 幼鳥は成鳥より淡色で、もっと白っぽい色をしている。


ワシタカ目一覧へ

2009年3月
愛媛県立とべ動物園

アメリカストリートにて。柵のすぐ側にとまっていた。


クマタカの画像1
じーっ
クマタカの画像2
何を見ているのかな

2007年9月
愛媛県立とべ動物園

普通のクマタカ。


じー

2003年11月
京都市動物園

迫力あり。


見下ろされてる? 顔


クマタカ 森の精(DVD)


ダム事業におけるイヌワシ・クマタカの調査方法

もっと探したい方は


ワシタカ目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る