アフリカマナティー African Manatee

海牛目 マナティー科

ジュゴンと同じ海牛目の仲間

学名:Trichechus senegalensis

 アフリカのジャングルの川に生息。
 ウオーターレタスなどの水草や河岸の植物を食べる。
 体重900s。

 マナティーはジュゴンと同じ海牛目の仲間で、こちらも人魚伝説のモデルとされているようだ。
 ジュゴンの方は海で暮らすが、マナティーは主に川や湖の淡水に暮らす。
 また、尻尾の形も違うので写真で見比べてみてほしい。
 水族館では、通常は水中でじっとしているが、何分かに一度、呼吸をするため、潜水艦のようにゆっくりと浮上する。
 ベジタリアンで、食事中は水槽に浮かんだレタスや牧草を勢いよく吸い込んでいた。
 食事中のマナティーの口の周りには、青汁のような緑色の液体がもわもわと漂っていた。


海牛目一覧へ

2007年5月
鳥羽水族館

ジャングルワールドゾーン。ヒレを使って器用に水中を歩いたり、レタスを掃除機のように吸い込んだり、見ていて飽きない。


浮上中 尻尾は丸い
エサ食べよ〜 こっちの方が可愛い顔してる
ヒレで歩いている


流氷の伝言


マナティーはやさしいともだち

もっと探したい方は


海牛目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る