ミナミゾウアザラシ Southern elephant seal

鰭脚目 アザラシ科

オレンジ色のアイシャドー

学名:Mirounga leonina

 南極近くの海に生息。
 体長200〜600p。体重350〜4000s。
 主に魚やイカを食べる。
 夏は繁殖のために陸上で過ごす。

他の種類のアザラシ
 ゴマフアザラシ  ゼニガタアザラシ
 ハイイロアザラシ  バイカルアザラシ

 ミナミゾウアザラシは国内では二見シーパラダイスにしかいないようだ。
 オスは名前のとおり鼻がゾウのように大きくなるが、二見シーパラダイスのミナミゾウアザラシは二頭ともメスで(母娘:お父さんは??)、象鼻は見られなかった。
 野生ではオスは10〜30頭のメスをしたがえてハーレムをつくり、ほかのオスと闘争する。
 メスはオスよりも小さい、とは言え、普通のアザラシに比べれば格段に大きく、トドかセイウチか?と言った風貌だ。
 目がものすごく大きく、アイシャドーのようにオレンジ色で縁取られていて、目力では動物界ナンバー1かも。


鰭脚目一覧へ

2007年5月
二見シーパラダイス

海獣広場にて。
後の4枚がアッカンベーアザラシタイムの風景。


あーん ペタ
芸の練習? 目が大きい
あっかんべー おいしー
夢海子ちゃん イナバウアー?!
口でかーい


もしかして、タマちゃん?


なんじゃもんじゃ博士(ハラハラ編)

もっと探したい方は


鰭脚目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る