マタコミツオビアルマジロ
Southern Three-banded Armadillo

貧歯目 アルマジロ科

ボールのように丸くなれるのはコレだ!

学名:Tolypeutes matacus

 ブラジルからアルゼンチンに生息。
 体長220〜270o、尾長60〜80o。体重1〜1.6s。
 背中には3本の帯がある。
 昆虫の幼虫やアリ、果物などを食べる。

他の種類のアルマジロ
 ココノオビアルマジロ  ムツオビアルマジロ

 ココノオビアルマジロのページに、「アルマジロの中でも、アニメなどでよく見るように、くるんとボール状に完全に丸くなれるのは、ミツオビアルマジロだけ」と書いたが、このマタコミツオビアルマジロくんが、その丸くなれるアルマジロだ。
 彼らは草原にすみ、穴を掘らず、危険を感じると丸くなってやり過ごすそうだ。
 尚、ミツオビアルマジロにもさらに種類があり、「ミツオビアルマジロ」と、今回見た「マタコミツオビアルマジロ」がいるそうな。なんだかんだでアルマジロは約20種類いるらしい。


貧歯目一覧へ

2009年7月
東京都恩賜上野動物園

西園、小獣館にて。あんまり綺麗な写真じゃないけど・・・。


マタコミツオビアルマジロの画像
やや丸まってる?


貧歯目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る