ムフロン大図鑑 Mouflon

ムフロン/むふろん
2003/7 in姫路セントラルパーク

偶蹄目 ウシ科

学名:Ovis musimon

 サルジニア島、コルシカ島などに生息。
 草を食べる。
 体高65〜70p、体重25〜55s。
 体色は黒褐色で、背には灰白色の鞍状の斑紋がある。
 角は雄のみにあり(雌にも稀にある)、渦巻き型に曲がっている。
 野生ヒツジ類の中では最小である。

高い所がお好き

 このムフロンもバーバリーシープ同様、高い所がお好きなようである。
 小さな体に大きくぐるぐる巻いた角が特徴的。はた目にはすごく重そうに見える。ヒツジの原種と言われ、警戒心が非常に強いようだ。
 大森山動物園のムフロンのうち、3頭は姫路セントラルパークから旅立っていったものだそうだ。秋田まではさぞ長旅だっただろう。他にも色々な所で飼育されているようである。

フォトギャラリー(新着順)

2012年5月 アドベンチャーワールド
2008年5月 アドベンチャーワールド
2006年5月 アドベンチャーワールド
2004年10月 アドベンチャーワールド
2003年7月 姫路セントラルパーク
2003年4月 アドベンチャーワールド

2002年4月 アドベンチャーワールド
2001年7月 姫路セントラルパーク

動物園を作ろう!

偶蹄目一覧へ

最初のページに戻る




フィールドガイド・アフリカ野生動物


たのしいなサファリバス


ヒツジの絵本

もっと探したい方は


Copyright by M_ayumi. All right reserved.