ニルガイ Nilgai

偶蹄目 ウシ科

オスとメスの姿が違う

学名:Boselaphus tragocamelus

 インドの木がまばらに生えた平原に生息。
 体高120〜150p、体重100〜270s。
 雄の成獣の体毛は黒色で比較的短い角を持つ。雌と若い雄の体毛は灰褐色。
 別名、ウマシカ。

 姫路セントラルパークは車で回れるドライブスルーサファリで、最初、ガイドに動物名が載っている事に気付かず、入口で貸してもらったラジオの案内を頼りに動物名をメモっていたのだが、「ニルガイ」と言っているのがどう聞いても「ミルガイ」に聞こえて、「え?貝?」等と大騒ぎしながら写真を撮っていた。
 このニルガイもシタツンガ同様、オスとメスの姿がかなり違っている動物である(2001年7月分では下2枚がオス)。私はこのメスの姿の美しさにちょっと見とれてしまった。なんだか草食動物マニアになりそう?!
 ネットでいつもの如くニルガイの事を調べてみたが案の定、情報量は少なく、現在は国内では群馬サファリパーク姫路セントラルパークにしかいないようである。


偶蹄目一覧へ

2002年7月
姫路セントラルパーク

ドライブスルーサファリ、草食ゾーン。


やっぱり優雅だなぁ いっぱい

2002年4月
アドベンチャーワールド

カートサファリツアーでカートより撮影。ニルガイ、前からいたのかなぁ?


背景に溶けこんでます やっぱり白い斑点が特徴?

2001年7月
姫路セントラルパーク

ドライブスルーサファリ、草食ゾーン。


遠くを見つめる 顔の白い斑点が特徴?
水を飲む姿も優雅 ナイスショット?
角が短いです 暑いぞぅ


ベッドのお供に♪赤ちゃんがつかめるウシさんクッション


ウシのミニバッグ RUSS社

もっと探したい方は


偶蹄目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る