クロエリセイタカシギ Black-necked Stilt

チドリ目 セイタカシギ科

面白いトリさん発見!!

学名:Himantopus mexicanus

 南北アメリカに生息。
 湿性草原、干潟、水田などにいる。
 全長32p、くちばしの長さ69o、足の長さ145o。
 長い足で水中に立ち入り、カエル・小魚・水生昆虫などを取る。
 時には巧みに泳ぐ事もある。

 安佐動物公園では、ツルと同居しているので一瞬ツルの子??と思った。(他の人たちも間違ってたよ〜。)
 ここの解説にはセイタカシギとしか書かれてなかったけど、これもたぶん花鳥園のと同じクロエリの方だと思う。
 体は小さいが足が長〜い。


チドリ目一覧へ

2008年7月
とくしま動物園

フライングケージにて。ヒナがいた。


よいしょよいしょ 歩く練習?
卵を抱いているのかな?

2007年8月
神戸花鳥園

中池にて。バトル中。


えいっ! そろそろ行くか

2006年6月
とくしま動物園

フライングケージにて。エサ取り中?


息を吸って〜 もぐりっ

2006年4月
神戸花鳥園

人間が歩く中を普通にうじゃうじゃ歩いている。


ウォーキング 近寄っても平気

2005年7月
広島市安佐動物公園

白黒模様がいい感じ。目がはれぼったく見えてコミカル。


ん? いっぱいいる


灰皿から小鳥のさえずりが聴こえてきそう♪バード オン スタンドアシュトレイ(灰皿)


版画「鴫」(上村敦之作)リトグラフ


ザ・龍之介大活字版

もっと探したい方は


チドリ目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る