シロガオオマキザル White-fronted Capuchin

霊長目 オマキザル科

ブドウの皮を投げてきた

学名:Cebus albifrons

 南アメリカ北・中央部に生息。
 雑食性で木の実や果物、昆虫などを食べる。
 体長46p、体重3.3s。

他の種類のオマキザル
 フサオマキザル

 顔全体が白い毛で覆われているのでこの名がついたとか。
 徳山動物園で初めてお会いしたが、人間で言うと小学校低学年くらいのいたずらっ子が興味津津で寄って来て、面白い顔を見せてくれた。「エサをもらうばかりが芸じゃないぞー」と言わんばかりに、食べているブドウの皮を投げてきたりもした。
 鼻の穴が見事に左右外を向いているのがこれまたおかしい(笑)。


霊長目一覧へ

2006年10月
周南市徳山動物園

いたずらっ子風。表情が面白い。


むー メールチェック
困った顔?


遊びと人間


ケーセン社 ナキガオオマキザル


アニマル・レスキュー 3: 1 動物と人間、僕らはみんな友達!(DVD)

もっと探したい方は


霊長目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る