ギニアヒヒ Guinea Baboon

霊長目 オナガザル科

マントヒヒよりも小柄

学名:Papio papio

 西アフリカのギニア・セネガルの岩の多い乾燥した荒地やサバンナに生息。
 体長約80p、体重約18s。
 昆虫、樹皮などを食べる。

他の種類のヒヒ
 アヌビスヒヒ  マントヒヒ

 マントヒヒよりも小柄で、毛の色が赤褐色。
 エサを欲しがる他のサルたちとは対照的に、この二頭、終始二人(?)の世界にどっぷり。仲がおよろしい事で(笑)。


霊長目一覧へ

2005年5月
愛媛県立とべ動物園

モンキータウンにて。毛づくろいに大忙し。


あなた、こっち向いて ほら、ここも
ああ、こっちも


サルが木から落ちる


あらいくんとサルのさるさわさん


RUB A DUB DUBアニマル木琴

もっと探したい方は


霊長目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る