ハナジカ Formosan Deer

偶蹄目 シカ科

冬にも白い斑点が見られる

学名:Celvus taiouanus

 台湾の山岳地帯に生息。
 肩高89pくらい。体長150p。体重42〜90s。
 別名タイワンジカ、カロク(花鹿)。

他の種類のシカ
 アキシスジカ  エゾシカ  ダマシカ
 ツシマジカ  ニホンジカ

 山地よりも平地の原生林に多かったが、現在では生きている数は少ない。減少した原因は、開発が進んだ事や、ふくろ角が漢方薬として利用される事などにある。
 国際保護動物に指定されている。
 ニホンジカと違い、冬にも白い斑点が見られるのが特徴。
 一見普通のシカだと見過ごしてしまいそうだが、(看板がなければたぶん分からない)実ははじめて見る種類のシカさんだったのだ〜。


偶蹄目一覧へ

2008年11月
周南市徳山動物園

網のある柵に引っ越していて、写真が撮りづらくなっていた。


だれ?

2006年10月
周南市徳山動物園

何故かこのシカさんたちにだけハエがブンブンたかってた。。。


日向ぼっこ オス?
斑点がきれい 顔もかわいい


ケーセン社 子ジカ


ELK(かもしか)キッチンマット

もっと探したい方は


偶蹄目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る