×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミミキジ Brown Eared-Pheasant

キジ目 キジ科

ここでは3種類のミミキジをまとめて掲載する

学名:Crossoptilon mantchuricum

 中国東部などの、標高約1800〜3500mの亜高山帯のカバやマツの、丈の低い林や岩場や草地に生息。
 喉から後頭にかけての白い耳状羽が特徴。
 キノコや昆虫などを食べる。
 近年では絶滅が危惧されている。

他の種類のキジ
 ニジキジ  ベトナムキジ

 左記解説はミミキジのものだが後の2種については以下の通り。
・アオミミキジ Blue Eared-Pheasant
 (学名:Crossptilon auritum
 中国中西部からモンゴルなどの標高約2400〜3900mの針葉樹林や岩の多い斜面、森林より上の高山植物帯に生息。
 分布域がジャイアントパンダの保護区内に多い。
 若草の根やハーブ、甲虫類を食べる。
・シロミミキジ White Eared-Pheasant
 (学名:Crossptilon crossoptiln
 チベット、中国西部などの標高約3600〜4200mの亜高山帯の茂みに生息。
 ユリの根、ナナカマド、トネリコなどを食べる。


キジ目一覧へ

2009年11月
よこはま動物園ズーラシア

亜寒帯の森エリアにて。これもシロミミキジ。


シロミミキジの画像
ふっさふさだろ

2006年4月
姫路市立動物園

これはシロミミキジ。


シッポが長い あったかそう

2006年4月
姫路市立動物園

これはアオミミキジ。


木に止まる ぺたん

2006年4月
姫路市立動物園

普通のミミキジ。仮面舞踏会?(笑)


アップ 籠の鳥


15MR オーナメント キジ


キジと牡丹をモチーフにした優雅で落ち着いた絵柄英国バーレイ社 ブルーアジアティックフェザンツ プレート(M)

もっと探したい方は


キジ目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る