ゴールデンターキン Golden Takin

偶蹄目 ウシ科

中国では国家第一級の保護動物

学名:Budorcas taxicolor bedfordi

 中国陝西省南部の聖山および太白山の標高2000〜3000mの急峻な山地の森林に生息。
 木の葉、草などを食べる。
 体長120p、体重230〜300s。
 角はオス・メス両方にある。
 強い臭いのする油状の物質を分泌する。

 ターキンにはアッサム・ブータン・ステョワン・ゴールデンの4亜種がある。
 中国ではジャイアントパンダキンシコウと並んで、国家第一級の保護動物に指定されている。
 これまで偶蹄目の動物には多数遭遇しているが、このゴールデンターキンはズーラシアで初めて見た。
 飼育している動物園はかなり少なそうで、ざっと調べたところ、他には多摩動物公園にいるくらいだろうか。
 本家は多摩動物公園の方らしい。


偶蹄目一覧へ

2012年5月
アドベンチャーワールド

ケニア号&ウォーキングサファリにて。ゴールデンターキンも珍しくなくなっちゃったな。


またきたよ
よく見えるでしょ
もしゃもしゃ
あ、見つかった?

2011年5月
アドベンチャーワールド

ウォーキングサファリにて。アドベンチャーワールドにもゴールデンターキンがやってきた!


お花がきれい
眠いの
はむはむ
下の方になにか
たくさんいるよ

2010年7月
多摩動物公園

アジア園にて。ジュニアもいた。


のしのし
すりすり
角の間もガリガリ
首筋もガリガリ
子供はゴールデンじゃない
お母さん、睨んでます

2009年11月
よこはま動物園ズーラシア

亜寒帯の森エリアにて。隠れていて出てきてくれなかった・・・。


意外に可愛い
全身が見えませ〜ん


偶蹄目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る