×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アフリカワシミミズク Spotted Eagle Owl

フクロウ目 フクロウ科

色んな種類のワシミミズク

学名:Bubo africanus

 赤道より南のアフリカ、アラビア半島の一部の、サバンナ、岩場、林の点在する平野、半砂漠に生息。
 体長45p。体重480〜850g。
 無脊椎動物、小型哺乳類、鳥、爬虫類などを食べる。

他の種類のワシミミズク
 アメリカワシミミズク  ケープワシミミズク
 トルクメニアンワシミミズク  ネパールワシミミズク
 ベンガルワシミミズク  マゼランワシミミズク
 ミルキーワシミミズク  ワシミミズク

 神戸花鳥園には色んな種類のワシミミズクがいる。
 どれも大型で耳(羽角)があって、目がまん丸な所が共通しているが、羽の色や模様、目の色、足の色などが異なっている。
 初めて花鳥園に行ったときは、このアフリカワシミミズクとアメリカワシミミズクの違いがよく分からず、写真が区別できなかったが、今回(2007年)はちゃんと確かめて両方撮ってきた。
 英名にあるように、茶褐色に薄い斑点が目立ち、他のワシミミズク類よりも赤褐色が強いのがこのアフリカワシミミズクの特徴である。


フクロウ目一覧へ

2007年8月
神戸花鳥園

最初の2枚は長屋門にて。後の2枚はふれあいコーナーで休憩中。


片足上げ なに?
休憩中なの 後ろ向き


有田焼手作りフクロウ飯碗

もっと探したい方は


フクロウ目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る