アカテタマリン Red-handed Tamarin

霊長目 キヌザル科

名前の由来は?

学名:Saguinus midas

 アマゾン河流域、ブラジル北部、ギアナの湿潤な低地熱帯多雨林に生息。
 体長25〜35cm、体重約450g。尾長20〜30cm。
 昆虫や果実などを食べる。

他の種類のタマリン
 ドウグロタマリン  ムネアカタマリン  ワタボウシタマリン

 全身がほとんど黒く、手と足の先がオレンジ色(赤っぽい色)をしているため、この名がついた。
 メス優位でオスが3歩下がってメスに従う種族らしい。
 なんだか雪男を小さくしたような体型である・・・。
 日中、活動する種なので、元気に動き回っていた。


霊長目一覧へ

2008年5月
アドベンチャーワールド

ふれあい広場にて。右側の背中に赤ちゃんが乗っている。
見つけられるかな?


小さな手足が見える

2007年5月
アドベンチャーワールド

ふれあい広場にて。お食事中。


うま 何だ?おまえら


動物サーカス団のかわいいプリントのフェイスタオルの3柄セットです♪手ぬぐいガーゼサーカス柄


ハンカチ扇バティック・エスニック柄 「春第3弾5」鳥、魚(動物柄 エメラルドグリーン

もっと探したい方は


霊長目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る