ムネアカタマリン Red-bellied Tamarin

霊長目 キヌザル科

名前の由来は?

学名:Saguinus labiatus

 ブラジル、ボリビア、ペルーなどのアマゾン川上流域の、水辺に近い森林に生息。
 昆虫や果実などを食べる。
 別名シロクチタマリン。

他の種類のタマリン
 アカテタマリン  ドウグロタマリン  ワタボウシタマリン

 胸から腹部にかけて、鮮やかなオレンジ色(赤っぽい色)をしているため、この名がついた。
 別名のシロクチタマリンは、読んで字の如く、口の周りと鼻先が白いところから付けられている。
 ワタボウシタマリンと比べると、こちらは目がまん丸で可愛い顔をしている。


霊長目一覧へ

2007年5月
アドベンチャーワールド

ふれあい広場にて。カメラに興味津々。


何々?


霊長目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る