オカピ Okapi

偶蹄目 キリン科

世界三大珍獣の最後の一つ

学名:Okapia johnstoni

 中央アフリカのコンゴのイツリとセムリキ森林にのみ生息。
 肩高160cmくらい。体長200〜210p、体重210〜300s。
 木の葉、小枝、果実を食べる。

 当サイト的にはジャイアントパンダミニカバ(コビトカバ)に続く世界三大珍獣の残り一つをようやくゲット!
 国内の動物園ではこの上野動物園とあとはよこはま動物園ズーラシアにしかいない。
 オカピは20世紀に入ってから存在が確認された動物で、1900年当初はシマウマの仲間とされていたが次の年にはアンテロープの仲間とされ、最終的にはキリンの仲間ということになった。
 お尻の模様などはどう見てもシマウマにしか見えないが、長い舌は確かにキリンのもののようだ。今回よく見えなかったが頭には毛皮に覆われた角もあるらしい。
 美しい脚の模様から「森の貴婦人」の異名も持つが、群れを作らず単独で行動し、大変神経質な性格で捕まえるのも難しいようだ。


偶蹄目一覧へ

2009年11月
よこはま動物園ズーラシア

アフリカの熱帯雨林エリアにて。
ここは檻に囲まれていないのでよく見える。


オカピの画像8
お食事中
オカピの画像9
お上品なのよ
オカピの画像10
シッポふりふり
オカピの画像11
ポーズ
オカピの画像12
こっち向きがいい?

2009年7月
東京都恩賜上野動物園

西園にて。厳重に金網で覆われている(苦笑)。


オカピの画像1
顔が・・・
オカピの画像2
お尻はシマウマみたい
オカピの画像3
横顔
オカピの画像4
ずっとあっち向いている
オカピの画像5
シッポを上げた
オカピの画像6
顔は独特だなぁ
オカピの画像7
べー?


偶蹄目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る