ホオカザリヅル Wattled Crane

ツル目 ツル科

頬の下に白い肉垂れがある

学名:Bugeranus carunculatus

 アフリカ南部の広い湿原に生息。
 全長約132p、翼長87p。体重8.5s。
 主に水生の植物を食べる。

他の種類のツル
 アネハヅル  オオヅル  オグロヅル  カンムリヅル
 クロヅル  ソデグロヅル  タンチョウ  ナベヅル
 ハゴロモヅル  ホオジロカンムリヅル  マナヅル

 水辺の環境に依存した生活をしているため、現在では生息域の開発により数が減少しているようだ。
 頬の下に白い肉垂れがあるのが特徴的で、それが名前の由来にもなっている。


ツル目一覧へ

2009年7月
東京都恩賜上野動物園

東園にて。初めて見たかと思ったけど東山でも見てた。


ホオカザリヅルの画像1
顔が見えないよ〜
ホオカザリヅルの画像2
肉だれがあるよ〜

2007年6月
東山動植物園

顔が怖い。


顔 全身


折り鶴・箸置き・5個セット


海をわたるツル


【仁-zin】鶴・翔turu-syou★折鶴シルバーピアス/1個売り

もっと探したい方は


ツル目一覧へ  動物園を作ろう!  最初のページに戻る